中国語の勉強方法

【中国語と英語はどっちが簡単】どっちを勉強するべきか需要や難易度を比較

英語と中国語、どちらを勉強しようか悩んでいるあなたへ。

両言語にはそれぞれ独自の魅力と学習の難しさがあります。

本記事では、日本人にとっての英語と中国語の学習難易度や実用性を比較し、あなたの目標やライフスタイルに最適な言語選びをサポートします。

どちらの言語を選ぶべきか迷っている方が、自信を持って学習を始められるよう、具体的な情報とアドバイスを提供します。

ぜひ最後まで読み進めてください!

【難易度比較】中国語と英語はどっちが簡単?

中国語と英語どっちが簡単か

中国語と英語はどっちが簡単なのか、結論からいうと一般的には中国語の方が簡単です。

DiLA国際語学アカデミーのデータを見ても、中国語は習得が比較的易しい言語、英語は習得が比較的難しい言語に分類されています。

学びやすい外国語、難しい外国語

引用:https://dila.co.jp/business/policy/

しかし、人によっては英語の勉強の方が簡単と感じることも当然あります。

そのため、中国語と英語の勉強の特徴を解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

中国語の勉強の特徴

日本人が中国語を勉強する上で利点となることは以下が挙げられます。

  • 漢字という共通点
  • 文法がシンプル

日本語と中国語はどちらも漢字を使用するため、単語の意味を推測しやすく、文字の習得が比較的スムーズです。

また、中国語の文法は比較的シンプルで、動詞の活用がなく、時制も助詞で表現するため、文法の学習が日本人にとっては簡単に感じられる傾向にあります。

日本人が中国語を勉強する上で難点になることは以下が挙げられます。

  • 声調と発音の違い

中国語は声調言語であり、四つの主要な声調があります。

音節ごとの音の高低・上がり下がりによって意味を区別しており、日本人にとってはこの声調を習得する点が難しく感じます。

また、中国語には日本語にはない発音が多く、特に母音や子音の発音を正確にするのが難しい点も挙げられます。

日本人が中国語を習得する際の難易度の解説はこちら

英語の勉強の特徴

日本人が英語を勉強する上で利点となることは以下が挙げられます。

  • 学習環境が整っている
  • 学校で学んできているため知識がある

中学校や高校で英語を学ぶため、既に単語や文法などある程度の知識があるという利点があります。

また、大人になってから英語学習を始める場合でも通信教育や英会話、英語コーチなど様々な学習環境が整っています。

そのため自分にあった方法で勉強を進められるという特徴があります。

日本人が英語を勉強する上で難点になることは以下が挙げられます。

  • 語彙の量が多い
  • 文法が複雑

英語は語彙が非常に多く、多くの同義語や派生語があるため、語彙の習得には時間がかかります。

また、英語の文法は時制や冠詞、前置詞などが多岐にわたり、語順も日本語とは大きく異なります。

この単語と文法が英語を勉強する上で一番の壁になります。

【需要比較】中国語と英語はどっちを勉強するべき?

中国語と英語どっちが実用的か

中国語と英語のどちらを勉強するべきか悩んでいる場合は、英語の勉強をオススメします。

後ほど解説しますが、英語の方が実用性が高く、様々な機会やコミュニティで力を発揮してくれます。

一方、中国語を使用している話者数は多いですが地域は一部のアジア圏のみで、世界的に見ると広い地域で使用されている言語ではありません。

また、英語は国際共通語としても認識されているため、英語を習得する方が実用性は高いと言えるでしょう。

中国語は一部のアジア圏に強い

最も話されている言語のランキングを下記にて紹介します。

中国語は英語に次いで2位の話者数になりますが、その多くは中国人が占めています。

中国以外ですと台湾やシンガポールでは中国語、香港やマカオでは中国語の変語である広東語が公用語として使用されています。

このように一部のアジア圏では中国語を公用語としているため、このような国との関係が深い方にとっては実用性は高いと考えられます。

その一方でアジア以外のヨーロッパやアメリカ、南米、アフリカなどではほとんど使用されていないため注意が必要です。

順位国名話者数
1位英語15億人
2位中国語11億人
3位ヒンディー語6億人
4位スペイン語5.48億人
5位フランス語2,74億人
Ethnologue(キリスト教系の少数言語の研究団体国際SIL)より一部抜粋

英語は汎用性が高い

英語は国際共通語としても認識されており、世界中で使われている言語になります。

母国語が英語ではない国でも、日本のように第二言語として英語を学ぶ国は多くあります。

そのためグローバルな使用機会の多さという意味では中国語よりも英語の方が圧倒的に多くなります。

漠然と「中国語と英語どっちを勉強しようかな」と考えているのであれば、英語の勉強をオススメします。

中国語を勉強するべき人の特徴

中国語を勉強するべき人の特徴

中国語を勉強するべき人としては下記のような特徴が挙げられます。

  • 中国語や台湾との取引や出張が多いビジネスマン
  • 中国のエンタメや文化・歴史に強い興味がある
  • 英語はある程度話せるため、第三言語を学びたい
  • 英語以外の言語を習得して強い個性を発揮したい

このように既に仕事で中国語の習得が必要であったり、中国語を勉強することで趣味をより楽しめる方にオススメになります。

またそれ以外にも英語を習得済みの方の第三言語としてもオススメです。

英語を勉強するべき人の特徴

英語を勉強するべき人の特徴

英語を勉強するべき人としては下記のような特徴が挙げられます。

  • 漠然と「中国語と英語のどちらを勉強しようか」と悩んでいる
  • グローバルにコミュニケーションを取れるようになりたい
  • 自分に合った勉強方法を模索しながら新しい言語を習得したい

このように中国語を勉強する明確な目的がない方は、英語の勉強を選択することをオススメします。

また英語学習は場所や方法など様々なアプローチで学習を進めていくことができます。

勉強が続くか不安な方は自分に合った勉強方法を見つけやすいのが英語学習の特徴でもあります。

中国語と英語を同時に学ぶのは難しい

ここまで中国語と英語のどちらを勉強するべきなのか難易度や需要を比較してきました。

ここで「中国語と英語を同時に学ぶことはできないのか?」という疑問を持った方もいるかもしれませんが、それはおすすめできません。

外国語を1つ学ぶだけでも単語・文法・発音など様々なことを一から勉強していく必要があります。

それを2つ同時に勉強するというのはかなり難易度が高く、ほぼ不可能だと考えて起きた方がいいでしょう。

今回の記事作成における引用元や参考文献一覧は下記になります。

▼おすすめのオンライン中国語ランキング▼

おすすめのオンライン中国語レッスン

-中国語の勉強方法