中国語の勉強方法

【中国語の文法は簡単?】文法の勉強方法と初心者が文法を習得する3つのコツを解説

中国語の勉強を始めた方、興味がある方は「中国語の文法は簡単だから覚えやすいよ」と聞いたことはありませんか?

結論から言うと、中国語の文法は比較的簡単だと言えます。

特に英語と比較すると中国語の文法はシンプルで種類も多くないため、英語の文法で苦戦したからといって中国語の文法でも同じように苦戦するわけではないので安心していただければと思います。

今回は中国語の文法の難易度と、具体的にどのように勉強を進めていくべきなのかを解説していきます。

中国語の文法は簡単?5つの特徴とは

① 語順が英語と同じSVO構造

中国語の基本的な語順は英語と同じSVO(主語-動詞-目的語)構造です。

これは日本語のSOV(主語-目的語-動詞)構造と異なり、英語を学んだ経験がある人にとっては馴染みやすい特徴です。

例えば、「I eat an apple」は中国語で「我吃苹果」となり、語順が同じです。

② 時制の変化がない

中国語には英語のような時制の変化がなく、動詞自体の形が変わることはありません。

時間を示すためには時間を表す副詞や助詞を使用します。

例えば、「I ate an apple」は「我吃了苹果」となり、「了」が完了を示します。このため、動詞の形を覚える負担が少ないです。

③ 助詞を多用する

中国語は助詞を多用します。助詞「了」は動作の完了を示し、「的」は所有や形容詞を作る際に使用されます。

また、「在」は場所や進行中の動作を示します。

例えば、「我吃了苹果」では「了」が完了を示し、「这是我的书」では「的」が所有を示します。助詞を使うことで、文の意味を明確にすることができます。

④ 名詞の複数形がない

中国語には名詞の複数形が存在しません。

複数を示すためには数量詞を使います。例えば、「apples」は「苹果(píngguǒ)」ですが、複数を強調する場合は「几个苹果(jǐ gè píngguǒ)」といった表現になります。

このシンプルさが文法の習得を容易にします。

⑤ 覚える文法の種類が多くない

中国語の文法は比較的シンプルで、覚えるべき文法の種類が多くありません。

例えば、動詞の変化や名詞の性別、複数形の変化などがないため、基本的な文法を覚えるだけでコミュニケーションが可能です。

この点が中国語文法の簡単さを物語っています。

結局、中国語の文法は簡単なのか?

① 英語の文法より簡単

中国語の文法は、英語の文法よりも簡単だと言えます。

動詞の活用や名詞の性別、複数形の変化がないため、覚えるべき規則が少なく、初心者でも比較的短期間で基礎をマスターできます。

これにより、学習の負担が軽減され、効率的に学習が進みます。

② 中国語のリスニング・スピーキングよりは簡単

中国語の文法は比較的簡単ですが、リスニングやスピーキングには独特の難しさがあります。

声調や発音の正確さが求められるため、これらのスキルは文法よりも時間と練習が必要です。

しかし、文法が簡単である分、リスニングやスピーキングに集中する時間を確保できます。

中国語の文法の勉強方法

① 文法の教材で基礎文法を学ぶ

文法の教材を使用して、基礎文法を学ぶことが重要です。

信頼できる教材を使って、文法の基本をしっかりと理解しましょう。

例えば、「中国語文法の基礎」という教材を使うと、基本的な文法構造や助詞の使い方を体系的に学べます。

② 単語の例文や短文の暗記で語順の感覚を磨く

単語の例文や短文を暗記することで、語順の感覚を磨くことができます。

例えば、基本的な日常会話のフレーズを覚えることで、自然にSVO構造を身につけることができます。

「你好(こんにちは)」「谢谢(ありがとう)」などの基本フレーズを覚えて、語順の感覚を身につけましょう。

③ スピーキングで実践しながら理解を深める

スピーキングを通じて実践することで、文法の理解を深めることができます。

実際に会話をすることで、文法を使いながら自然に身につけることができます。

例えば、オンラインレッスンや言語交換パートナーを活用して、実際に話す機会を増やすと良いです。

初心者が中国語の文法を習得するコツ

① 自分で中国語の例文を作ってみる

自分で中国語の例文を作ることで、文法の理解が深まります。

例えば、「我喜欢吃苹果(私はリンゴを食べるのが好きです)」といった例文を作り、文法の構造を確認しましょう。

これにより、文法の応用力が身につきます。

② 好きなフレーズの文法を解読してみる

好きなフレーズの文法を解読することで、楽しく学習できます。

例えば、ドラマや映画のセリフを取り上げて、その文法構造を分析してみましょう。

好きなフレーズを使うことで、学習のモチベーションが上がります。

③ 中国語の文法は完璧でなくても大丈夫

完璧な文法を目指すことも大切ですが、実際のコミュニケーションでは多少の間違いは気にしなくても大丈夫です。

重要なのは、意思を伝えることです。少しの間違いがあっても、文法を使い続けることで徐々に正確さが身につきます。

まとめ

中国語の文法は英語よりも簡単で、覚えるべき規則が少ないため、初心者でも短期間で基礎を習得できます。

文法の教材を使って基礎を学び、例文や短文の暗記、スピーキングの実践を通じて理解を深めましょう。

自分で例文を作成したり、好きなフレーズの文法を解読することで、楽しく学習を続けることができます。

完璧を目指すことも大切ですが、多少の間違いを気にせず、実践を重ねて文法力を向上させましょう。

▼おすすめのオンライン中国語ランキング▼

おすすめのオンライン中国語レッスン

-中国語の勉強方法