中国語の勉強方法

【中国語のピンインの覚え方】覚えられないと苦戦中の初心者でも1ヶ月でマスターできる勉強方法を解説

中国語のピンインとは、「中国語の発音表記法」のことを指します。

漢字の読み方をアルファベットに置き換えた時の発音記号だと考えていただければ問題ありません。

中国語を聞いたり話したりできるようになるには、このピンインと声調が重要になります。

ピンインが読み方で、声調が声の高低なので、中国語はこの2つを組み合わせて会話してく言語になるのです。

そんなピンインですが、日本人の多くの方が覚えることに苦戦してします。

その理由と初心者の方でも1カ月でマスターできる勉強方法を解説していきます。

日本人はみんなピンインの暗記に苦戦している

ピンインの暗記に苦戦しているのはあなただけではなく、日本人学習者であれば必ず通る道だと言っても過言ではありません。

まずはその理由から確認していきましょう。

日本の漢字の読み方とピンインが一致しない

日本語も中国語も漢字を使う言語であるという共通点があるため、日本人が中国語を習得することは比較的簡単だと言われています。

しかし、実際に勉強していくと同じように漢字を使っていても発音が全く違うことに気づかされますよね。

例えば、你好(nǐ hǎo)です。

ニーハオは日本語でこんにちはという意味ですね。

この時、「好」という漢字を日本人は「ハオ」と読むことはありませんよね。

このように同じように漢字を使う言語だとしても、読み方が異なるので漢字に慣れているからこそ普段とは違う読み方に苦戦してしまうのです。

声調も意識しないといけない

日本語と中国語の発音には大きな違いがあります。

日本語には声調がなく、発音も比較的単調です。

一方、中国語は声調があり、同じ音でも声調が違えば意味が全く異なります。例えば、「ma」という音は、声調によって「母」「麻」「馬」「罵」など異なる意味を持ちます。

これが日本人には馴染みがないため、苦戦する要因となってしまうのです。

中国語のピンインは全部で約400通り

中国語のピンインは約400通りあり、これを覚えることが中国語の基礎となります。

ピンインは中国語の発音を表すローマ字表記で、正確に発音するための重要なツールです。

例えば、「ma」という音は声調によって「母」「麻」「馬」「罵」など異なる意味を持ちます。ピンインを正確に覚えることで、意味を誤解されることがなくなります。まずはこの基礎をしっかりと押さえましょう。

有気音と無気音

中国語の発音には有気音と無気音があります。有気音は息を強く吐き出す音で、無気音は息をあまり出さない音です。

例えば、「p」と「b」、「t」と「d」がその例です。有気音の「p」は息を強く出して発音し、無気音の「b」は息をあまり出さずに発音します。

これらの違いを理解することで、発音の精度が上がります。

舌の位置による分類

ピンインの発音は舌の位置によっても分類されます。

例えば、「sh」、「ch」、「zh」のような音は、舌を口の上部に近づけて発音します。

一方、「s」、「c」、「z」は舌を前方に置いて発音します。このように舌の位置を意識することで、より正確な発音ができます。

中国語のピンインを覚えられない人の特徴

発音の練習に時間をかけていない

発音の練習に時間をかけていないと、ピンインを覚えるのは難しいです。

発音の練習は基礎を固めるために非常に重要です。

例えば、毎日5分でも発音練習を続けることで、徐々に正確な発音が身につきます。

ピンインを書いて覚えようとしている

ピンインを書いて覚えようとしても、効率的ではありません。

書くだけではなく、声に出して発音することで、記憶に定着しやすくなります。

例えば、単語をノートに書きながら、同時に発音する練習を取り入れると良いです。

音声学習や中国語教室などを利用していない

音声学習や中国語教室を利用しないと、発音のフィードバックを得られず、自己流の発音が定着してしまいます。

例えば、音声教材やオンラインレッスンを利用することで、ネイティブの発音を真似ることができます。

中国語のピンインの覚え方・勉強方法

音声学習で正しい発音をインプット

音声学習を利用して、正しい発音をインプットすることが大切です。

音声を何度も聞き、自分でも発音することで、耳と口が慣れていきます。

例えば、ピンインの発音を収録した教材を使い、繰り返し聞いて練習すると良いです。

実際に鏡の前や中国語教室でアウトプット

鏡の前で自分の口の動きを確認しながら発音練習をすることも効果的です。

さらに、中国語教室でネイティブスピーカーと会話練習をすることで、正確な発音を身につけることができます。

例えば、毎日5分鏡の前で発音練習をし、その後週に一度中国語教室に通うと良いです。

録音して自分の発音を聞く

自分の発音を録音し、後で聞き返すことで、自分の発音の癖や改善点を確認できます。

例えば、スマートフォンの録音機能を使って、自分の発音を録音し、正しい発音と比較すると良いです。

音声学習と自分の録音を照らしあわせる

音声学習と自分の録音を照らし合わせて、発音の違いを確認することが重要です。

これにより、どの部分が違うのか具体的に把握できます。

例えば、音声教材を再生しながら自分の録音を聞き、違いをチェックすると良いです。

中国語のピンインを覚える時に意識するべきコツ

声調をおろそかにしない

声調をおろそかにしないことが大切です。中国語では声調が意味を決定する重要な要素です。

例えば、「ma」の声調を変えるだけで、「母」「麻」「馬」「罵」など異なる意味になります。

声調を意識して発音することで、正しいコミュニケーションが可能になります。

口と耳を使って覚える

口と耳を使って覚えることで、ピンインを効率よく習得できます。

発音を口に出し、耳で聞くことで、自然と記憶に定着します。

例えば、ピンインを発音しながら録音し、その録音を聞き返すと良いです。

慣れてきたらアウトプットあるのみ

慣れてきたら、実際にアウトプットすることが大切です。

アウトプットすることで、ピンインが自然と使えるようになります。

例えば、中国語教室でネイティブスピーカーと会話をしたり、オンラインで中国語を使ったコミュニケーションを取ると良いです。

中国語のピンインの勉強に利用できるサイト・アプリ

どんと来い、中国語

「どんと来い、中国語」は初心者向けにわかりやすくピンインを学べるサイトです。

簡体字や繁体字のピンイン変換や、中国語カタカナ変換など、中国語初心者の方がピンインを調べるときに重宝できるサイトになっています。

その他にも中国語会話テキストで収録されている発音を聞くことができたり、中国語のラジオを聴くことができるなど多様なサービスを展開しています。

CCレッスンというオンライン中国語のサービスも提供しているため、掲載されている内容の質が高いこともおすすめポイントになります。

どんと来い、中国語

楽訳中国語変換

「楽訳中国語変換」はピンインの入力をサポートするアプリです。

ピンインを入力すると、漢字に変換してくれます。例えば、テキストを打ち込むときにピンインを使って練習するのに便利です。

また、会話文を中国語→日本語、日本語→中国語に翻訳する機能もついているため、話してみたい言葉を気軽に調べることができます。

楽訳中国語変換

PinyinConv – 中国語ピンイン変換

「PinyinConv」は中国語をピンイン記号に変換するアプリになります。

入力した中国語をボタン1つで変換するシンプル設計で、コピー&ペーストした文章にも対応しているので、非常に使い易いというメリットがあります。

▼おすすめのオンライン中国語ランキング▼

おすすめのオンライン中国語レッスン

-中国語の勉強方法