中国語検定・HSK対策

【中国語検定のレベル・勉強時間】準4級~1級の各等級ごとに難易度や合格率も解説

中国語の勉強をしていると中国語検定などの資格取得も視野に入れますよね。

中国語の資格は中国語検定の他にHSKなどがありますが、中国語検定は国内での知名度が非常に高く、就職や転職などで活かせるという特徴があります。

その他の中国語の資格は下記のようなものが挙げられます。

そんな中国語検定について、準4〜1級の各級ごとのレベルや勉強時間を解説していきます。

自分が目指している等級の難易度や合格率などを確認して、対策を進めていきましょう。

中国語検定以外の中国語資格一覧

  • HSK
  • 実用中国語技能検定試験
  • 中国語コミュニケーション能力検定
  • C.TEST
  • 全国通訳案内士
  • TOCFL

中国語検定は国内で知名度が高い資格

中国語検定は、日本国内で広く認知されている資格であり、特に中国語学習者にとって重要な評価基準となっています。

日本中国語検定協会が主催し、文法、語彙、読解、リスニングなどの総合的な中国語能力を測定します。

日本企業や教育機関でも評価が高く、多くの人々が受験しています。

中国語検定は、初級から上級までの複数のレベルがあり、学習者の進捗に応じた試験が用意されています。

中国語の資格で知名度が高いものとして、中国語検定の他にHSKが挙げられます。

中国語検定とHSKの違いやHSKの難易度については下記記事よりご確認ください。

【中国語検定とHSKの違い】どっちがおすすめか就職やビジネスへの影響も解説

【HSKのレベル・勉強時間】1〜6級の各級ごとに難易度や合格率も解説

中国語検定を受けるメリット

① 日本企業での就職・転職に活かせる

日本企業、特に中国との取引がある企業では、中国語検定の資格が高く評価されます。

検定を取得することで、中国語のスキルを証明でき、就職や転職の際に有利になることが多いです。

ビジネスシーンでの中国語の需要が高まっているため、検定の取得はキャリアアップに繋がります。

特にアジア圏での海外進出をしている企業への就職や転職を考えている場合は、中国語を話せることは大きなアドバンテージになります。

② 中国旅行でコミュニケーションが取れるようになる

中国語検定を通じて基礎的な中国語能力を身につけると、中国旅行の際に現地の人々とコミュニケーションを取ることができるようになります。

例えば、道案内を聞いたり、レストランで注文をしたりする際に役立ちます。

旅行の体験が豊かになり、より深く中国文化を理解することができるだけでなくトラブルを避けることにも繋がります。

中国以外にも台湾や香港など、日本人に人気の観光地で中国語を使うことができるので、アジア圏での海外旅行が好きな方は中国語を勉強しておくとより旅行を楽しむことができます。

③ 大学での単位認定や交換留学の審査が通りやすくなる

大学によっては中国語検定の資格を持っていることが単位認定や交換留学の審査において有利に働くことがあります。

特に外国語学部や中国の文学・歴史を学ぶ学科の場合はこのような制度が設けられていることがあります。

検定を取得することで、中国語の学習成果を客観的に証明でき、留学先での学びの質を高めることができます。

自分の大学でこのような単位認定や交換留学に活かすことができるか確認して、有利に働く場合は今後の就職活動も見据えて取得しておくことをおすすめします。

【表で分かる】中国語検定の各級のレベル・勉強時間

中国語検定は準4級〜1級まであり、基礎的な会話レベルから翻訳が可能なレベルまで対応しています。

中国語の初学者は準4級あるいは4級から取得することをおすすめします。

レベル必要学習時間(時間)説明
準4級150〜200基礎的な単語と簡単な会話ができるレベル
4級300〜400日常会話が可能な初級レベル
3級600〜800基本的なコミュニケーションができる中級レベル
2級1200〜1500高度な文章の読み、日常的な話題での会話が可能
準1級2000〜2500通常の文章の中国語・日本語訳、簡単な通訳が可能
1級3000〜3500複雑な中国語・日本語の翻訳や通訳が可能

各級のレベル・難易度の詳細

準4級:中国語学習の準備完了

準4級は、中国語学習の初歩的な段階を終えたことを示すレベルです。

基本的な単語やフレーズを理解し、簡単な会話が可能です。

これにより、初歩的なコミュニケーションが取れるようになります。

4級:中国語の基礎をマスター

4級は、日常会話の基礎をマスターしたレベルです。

例えば、自己紹介や簡単な買い物、道案内などの基本的な会話が可能です。

日常生活で役立つスキルを身につけることができます。

3級:基本的な文章の読み書きや簡単な日常会話が可能

3級は、基本的な文章の読み書きや簡単な日常会話ができるレベルです。

例えば、手紙のやり取りや、友人との日常会話がスムーズに行えるようになります。

基礎的な文法と語彙を習得していることが求められます。

2級:高度な文章の読み、日常的な話題での会話が可能

2級は、より高度な文章の読み書きができ、日常的な話題での会話が可能なレベルです。

ビジネスシーンでも対応でき、報告書やプレゼンテーションなどもこなせるスキルが求められます。

準1級:通常の文章の中国語・日本語訳、簡単な通訳が可能

準1級は、通常の文章の翻訳や簡単な通訳ができるレベルです。

ビジネス文書の翻訳や、ミーティングでの簡単な通訳が可能で、専門的な内容にも対応できる能力が求められます。

1級:複雑な中国語・日本語の翻訳や通訳が可能

1級は、最も高度なレベルで、複雑な文章の翻訳や通訳が可能です。

専門分野の文書や会議での通訳もこなせるスキルが求められ、ネイティブに近い中国語能力を持つことを示します。

中国語検定の勉強方法

① 基礎文法の理解

文法書やオンライン教材を利用して、基礎文法をしっかりと学びましょう。

特に、動詞の活用や文の構造を理解することが重要です。

文法の勉強方法の詳細はこちら

文法の勉強方法と初心者が文法を習得する3つのコツを解説

② 語彙の増強

単語帳やフラッシュカードを使って、日常生活やビジネスで使える語彙を増やします。

定期的に復習して、語彙力を強化しましょう。

単語の勉強方法の詳細はこちら

【中国語の単語の覚え方】おすすめの単語帳・アプリも紹介!

③ リスニングと発音の練習

オーディオ教材や中国語のニュース、ドラマなどを利用して、リスニング力と発音を鍛えます。

ネイティブスピーカーの発音を真似して練習することで、自然な発音を身につけることができます。

ピンインの覚え方の詳細はこちら

【中国語のピンインの覚え方】初心者でも1ヶ月でマスターできる勉強方法を解説

リスニングの勉強方法の詳細はこちら

【中国語のリスニングが聞き取れない】5つの原因とリスニングのコツを解説

④ 実践的な練習

中国語を実際に使って練習することが重要です。言語交換パートナーを見つけたり、オンラインレッスンを受けたりして、実際に話す機会を増やしましょう。

これにより、実践的なコミュニケーション能力が向上します。

おすすめのオンラインレッスンのランキングはこちら

オンライン中国語レッスンおすすめランキング10選

まとめ

中国語検定は、国内で高い評価を受ける資格であり、日本企業での就職や転職、中国旅行、大学での単位認定や交換留学など、さまざまなメリットがあります。

各級のレベルに応じた学習時間と勉強方法を参考にしながら、計画的に学習を進めましょう。

適切な教材と方法を選び、継続的に学習することで、効率的に中国語能力を向上させることができます。

【関連記事】
【いきなり3級OK】中検3級は2ヶ月で合格できる!合格するまでの勉強法すべて公開

▼おすすめのオンライン中国語ランキング▼

おすすめのオンライン中国語レッスン

-中国語検定・HSK対策