中国語の勉強方法

【台湾華語の勉強方法】初心者は何から学ぶべきか習得のコツも解説

日本と台湾は非常に友好的で、台湾は親日でも有名なため気軽に観光を楽しむことができますよね。

実際に2020年に行われた日本人の台湾に対する意識調査結果では日本人の7割以上が台湾に親しみを感じており、約5割の方がアジア地域の中で、最も親しみを感じるのは「台湾」と答えたというデータがあります。

このような友好的な関係もあり、台湾華語を勉強して台湾の観光や生活をもっと楽しめるようになりたいという方がたくさんいます。

今回は台湾華語をこれから勉強しようと考えている方に、何から学ぶべきなのか勉強方法を解説していきます。

台湾華語と中国語の違い

台湾華語と中国語(普通話)は、多くの共通点を持ちながらも、いくつかの顕著な違いがあります。

台湾華語は、台湾で主に使用される中国語の一種であり、特に発音や語彙、文法の細かな点で違いが見られます。

例えば、台湾華語では「注音符号(ボポモフォ)」と呼ばれる独自の発音記号が使用され、繁体字を使うことが一般的です。

これに対して、中国本土では「ピンイン」が使われ、簡体字が標準となっています。

日本人は台湾華語を習得しやすい

① 漢字を使うという共通点がある

日本人が台湾華語を学ぶ際、漢字を使うという共通点が大きな助けとなります。

日本語の漢字と繁体字は非常に似ているため、単語の意味を推測しやすいです。

例えば、「学校(学校)」や「図書館(圖書館)」など、見慣れた漢字が多く、理解しやすいです。漢字の共通点が、学習のハードルを低くしてくれます。

② 発音と四声には苦戦しがち

一方で、日本人は台湾華語の発音と四声には苦戦しがちです。

日本語には声調がないため、四声の聞き分けや正確な発音が難しいと感じることが多いです。

例えば、「ma」という音は、第一声で「媽(母)」、第二声で「麻(麻)」、第三声で「馬(馬)」、第四声で「罵(罵)」を意味します。

これらを正確に発音するには、繰り返し練習が必要です。

台湾華語の勉強方法

① 初心者は注音(ボポモフォ)から勉強する

初心者はまず注音(ボポモフォ)から勉強することをおすすめします。

注音は台湾で広く使われている発音記号で、発音の基礎を身につけるのに役立ちます。

例えば、「ㄅ」「ㄆ」「ㄇ」などの基本的な符号を覚え、正しい発音を習得します。これにより、発音の基礎がしっかりと固まります。

② 基本的な単語の四声と発音の練習

基本的な単語の四声と発音の練習は重要です。四声を正確に発音することで、意味を正しく伝えることができます。

例えば、日常的に使う「你好(こんにちは)」や「謝謝(ありがとう)」などの単語を使い、四声の練習を繰り返します。

③ 基本的な繁体字の習得

基本的な繁体字の習得も欠かせません。

繁体字は台湾で使われる漢字であり、日本の漢字と似ている部分が多いです。

例えば、「愛(愛)」や「學(学)」など、日常でよく使う繁体字を覚えることで、読み書きのスキルが向上します。

④ 文法を理解する

文法を理解することも大切です。

台湾華語の文法は、基本的に中国語の文法と同じですが、細かな違いがあります。

例えば、語順や助詞の使い方など、文法の基礎をしっかりと学びます。これにより、正確な文章を作成する力が身につきます。

⑤ 日常会話のフレーズを理解

日常会話のフレーズを理解することで、実際のコミュニケーションがスムーズになります。

例えば、「你今天怎麼樣?(今日はどうですか?)」や「這是什麼?(これは何ですか?)」など、日常的に使うフレーズを覚えておくと便利です。

⑥ リスニングやスピーキングで実践

リスニングやスピーキングで実践することが重要です。

リスニングは耳を慣らすために効果的で、スピーキングは実際に使うことで発音やフレーズの使い方を身につけることができます。

例えば、台湾のドラマやニュースを見てリスニング練習を行い、友人やオンラインレッスンでスピーキングの練習をします。

台湾華語を習得するコツ

① 漫画を活用して楽しく学ぶ

漫画を活用して楽しく学ぶことができます。漫画はストーリーに引き込まれながら、自然に言語を学ぶことができるため、楽しみながら勉強できます。

例えば、台湾の人気漫画を読みながら、新しい単語や表現を覚えると良いです。

② 毎日ちょっとずつでも続ける

毎日少しずつでも続けることが大切です。

継続することで、学習内容が定着しやすくなります。

例えば、毎日10分でも良いので、台湾華語に触れる時間を作ることを心がけます。

③ TOCFL(華語文能力測驗)への合格など目標を立てる

TOCFL(華語文能力測驗)への合格など、具体的な目標を立てることで、学習のモチベーションが上がります。

例えば、半年後にTOCFLの初級レベルに合格することを目標にすると、学習の計画が立てやすくなります。

④ ある程度勉強したらアウトプットを重視する

ある程度勉強したら、アウトプットを重視することが大切です。

学んだ知識を実際に使うことで、理解が深まります。

例えば、友人と会話練習をしたり、SNSで台湾の人と交流したりすると良いです。

まとめ

台湾華語の習得には、漢字の共通点を活かしながら、発音や四声、文法の基礎をしっかりと学ぶことが重要です。

具体的な勉強方法としては、注音の習得、基本単語の四声と発音の練習、繁体字の学習、文法の理解、日常会話フレーズの習得、リスニングとスピーキングの実践が挙げられます。

さらに、漫画を活用して楽しく学び、毎日少しずつでも続けること、TOCFLなどの目標を立てること、アウトプットを重視することが習得のコツです。

これらを実践することで、台湾華語のスキルを効果的に向上させることができます。

▼おすすめのオンライン中国語ランキング▼

おすすめのオンライン中国語レッスン

-中国語の勉強方法