中国語の勉強方法

【中国語の声調の覚え方】四声をマスターする勉強方法を解説

中国語の声調とは、同じように発音する言葉でも音の高低をつけることで意味が変わることを指します。

日本語にはこの声調がないため、日本人が中国語を学習する際に必ず苦戦するポイントであることは間違いありません。

しかし、声調が変われば話している言葉の意味も全く変わってしまうため、中国人や中国現地でコミュニケーションをとるためには声調をマスターすることは必須になります。

今回は声調の覚え方とマスターする勉強方法を解説していきますので、ぜひ参考にして勉強を進めてください。

まずは声調を理解しよう

① 5種類の声調の違い

中国語には4つの主要な声調と1つの中立声調があります。

声調は、音の高さの変化を使って単語の意味を区別します。

  • 第一声(高平音): 高く平らな音(例: 妈 mā - 母)
  • 第二声(上昇音): 中音から高音へ上昇する音(例: 麻 má - 麻)
  • 第三声(下降上昇音): 低音に下降し、再び中音に上昇する音(例: 马 mǎ - 馬)
  • 第四声(下降音): 高音から低音に急に下降する音(例: 骂 mà - 罵る)
  • 中立声調(軽声): 他の音節に比べて軽く短い音(例: 吗 ma - 疑問を表す助詞)

② 声調が違えば意味も全く異なる

中国語では、声調が異なるだけで同じ音節が全く異なる意味を持つことがあります。

例えば、「妈」(mā)は「母」を意味し、「马」(mǎ)は「馬」を意味します。

声調を正しく発音しないと、意図した意味が伝わらない可能性があります。

中国語の声調が覚えられない原因

① そもそも日本語には声調がない

日本語は声調言語ではないため、声調の概念自体が馴染みがありません。

そのため、声調を理解し、使いこなすのが難しく感じられます。

② 5種類の声調の特徴を理解していない

声調の特徴を十分に理解していないと、正確に発音するのが難しくなります。

各声調のピッチパターンや音の変化を理解することが重要です。

③ 音声学習をおろそかにしている

声調の習得には、リスニングと発音の練習が不可欠です。

音声学習をおろそかにしていると、声調を正確に発音する能力が身につきにくくなります。

中国語の声調をマスターする勉強方法

① 声調の基礎を理解する

まず、各声調のピッチパターンと特徴を理解しましょう。

視覚的な図やグラフを使って、声調の変化を視覚化することが有効です。

② 同じピンインの単語をセットで覚える

同じピンインを持つ異なる声調の単語をセットで覚えることで、声調の違いを意識しやすくなります。

例えば、「妈」(mā, 母)、「麻」(má, 麻)、「马」(mǎ, 馬)、「骂」(mà, 罵る)など。

③ 音声学習でリスニングを強化

ネイティブスピーカーの発音を頻繁に聞くことで、声調の違いを耳で覚えます。

オーディオ教材や中国語のドラマ、ニュースなどを利用して、自然な発音を聞く時間を増やしましょう。

④ 鏡を見て反復練習

鏡を見ながら練習し、口の形や舌の位置を確認します。

正しい口の動きを確認しながら発音することで、声調を正確に発音できるようになります。

⑤ 録音して音声学習と照らす

自分の発音を録音し、ネイティブスピーカーの発音と比較します。

どの部分が間違っているのかを確認し、改善することで、正しい発音に近づけます。

中国語レッスンを受けることが声調をマスターする一番の近道

中国語の声調をマスターするためには、プロの指導を受けることが最も効果的です。

中国語教師から直接指導を受けることで、発音の微妙な違いや修正ポイントを的確に指摘してもらえます。

また、オンラインレッスンや言語交換パートナーを活用して、実践的な練習を積むこともおすすめです。

まとめ

中国語の声調をマスターするためには、基礎を理解し、繰り返し練習することが重要です。

視覚的なツールを活用し、同じピンインの単語をセットで覚える方法や、音声学習でリスニングを強化する方法が効果的です。

さらに、鏡を見て反復練習を行い、自分の発音を録音して確認することで、正しい声調を身につけることができます。

最終的には、中国語レッスンを受けてプロの指導を受けることが、声調をマスターする最も確実な方法です。

▼おすすめのオンライン中国語ランキング▼

おすすめのオンライン中国語レッスン

-中国語の勉強方法